カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

 

作品への想い

日本中に世界中にトンボ玉の作家さんがいらっしゃいます。
どの玉にもそれぞれの国や人の特徴があります。
大胆なデザインであったり繊細で緻密なデザインであったり・・・。

トンボ玉は色のついたガラス棒をバーナーで溶かして作っていきます。
機械ではなく完全に手づくりであるため全く同じものは二度と作れません。
それはどんな有名な作家さんでもできないのです。

手づくりのために量産はできません。
だからこそ世界にひとつだけのトンボ玉を作るために、
私たちはひとつひとつ心を込めて作ります。


私たちは「日本・手づくり」にこだわり、日本で唯一ガラス棒を生産している
「佐竹ガラス(※)」のガラス棒を使って制作しています。


また、出来上がったトンボ玉をアクセサリーにする紐にもこだわっています。
直接身体に触れる紐だからお肌に優しいコットン100%の紐を使用しています。
コットン紐を煮沸消毒し、様々な色に染めます。
そしてひとつひとつ編んでアクセサリーにしていきます。


※佐竹ガラス
  昭和2年に色ガラス棒生産工場として大阪・和泉市に設立されました。
  今も機械化をせず手づくりにこだわり、設立当時の技法で職人さんが
  ガラスをひいています。